石と土と木の仕事

自然素材で創造する庭づくり。安達造園がお届けします!

石と土と木の仕事、素材の開拓

私どもでは、石や土、木などの自然素材を用い、創造的な庭づくりをお客様にお届けしております。
素材にコツコツと下ごしらえを施し、時には何年も寝かしたりするなど、小さな工夫のひと手間を惜しまず、熟練の職人たちの手で上質なものづくりを行っております。
どんな景色を創るのかを思い描きながら、歴史や風土といった、その土地の記憶にも耳を傾けつつ行なわれる庭づくり。ぜひお試しになってみませんか。

石の仕事

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。
項目を追加
石。長く風雪に耐え、腐ることも燃えることもないこの素材は、太古から建築材として様々に利用されてきました。庭づくりにおいては、石は「景色」をつくりだす重要な要素でした。
長い歴史を通じて、石を扱う人々の知恵・技術・工夫は進歩と変遷を遂げてきましたが、その実例が現代にも豊富に遺されているのは、石の特質ゆえでしょう。
安達造園は、建築材・作庭材としての石の可能性を、太古からの技の蓄積に学び探求しています。
現代においては、生産から廃棄に至るまでの環境負荷やコストを削減できるのも、石のメリットと言えるでしょう。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

方形石積


石積ですが方形に整形された切石を使用したものです。
規則的に目地をそろえて積むこともありますが、ここでは形も大きさも異なる石を組み合わせて積んでいます。

石貼り

舗装や外装の仕上げとして、鉄平石など板状の石材を貼るものです。乱形のまま形を合わせて貼る乱貼りや整形したものを貼る工法などがあります。安達造園は石貼りの施工も承りますのでぜひご相談を。

石段

加工成形した石を使って作られた階段です。石の角をそのまま活かすなど、素材のことを知り尽くした専門業者ならではの施工が自慢です。石段の施工をお考えの際は、ぜひ安達造園までご連絡ください。

石畳

御影石などを使用した、石畳の施工に対応することが可能です。状況やご要望に合わせて、斫り作業によって形を整えるなど、四角いままでの施工ではなく、さまざまな工夫を凝らして高品質に仕上げます。

石積み

石によっても、積み方によっても特徴が異なります。古くから各地でさまざまな石を利用し、布積み、谷積みなど各種の積み方で施工されてきました。石積みがご必要の際は、ぜひ弊社までご相談ください。
項目を追加

施工をお考えの方へ

土の仕事

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。
項目を追加
土。土から生まれたものが土にまた還っていくという自然の摂理。その循環を断ち切ることなく、特質を引き出し活かす技術によって人の暮らしに取り入れていく。これも職人の大切な仕事です。
安達造園の土の仕事は、下ごしらえをしたり寝かしたりする手間をかけて、土を建築素材として最適化するところから始まります。かまど・土塀・版築など、土の仕事はお任せください。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

かまど

藁と粘土で作られる一般的な工法のかまどから、焚口や煙突の形状に工夫を凝らした版築工法によるかまどなどをお作りします。施工に合わせた材料の下ごしらえや、道具の改良等が高品質の秘訣です。

土塀

版築での土塀、塗って作る土塀の、いずれも安達造園が承ります。それぞれに適した下ごしらえを行ない、味わい深く美しい仕上がりをお約束。土を知り尽くした弊社ならではの施工をお届けいたします。

版築

版築は型を使って、土塀やかまどなどを作ります。少しずつ土を入れては付き固める工程を繰り返すため、土の色や混ぜ込んだ石や砂などの粒や色の違いが地層のようになって現れるのが大きな特徴です。
項目を追加

施工をお考えの方へ

木の仕事

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。
項目を追加
葉を茂らせ実を結ぶ植物としての木は人の生存に欠かせないものですし、庭木の作り出す景色は作庭の要の一つです。それだけでなく、木材としての木も庭づくりの素材として重要な役割があります。
腐ったり燃えやすいなどの欠点もありますが、石や土との組み合わせで、古くからその欠点が補われてきました。捨てがたい多くの長所を備えているからこそ、門や塀などの外構部分にも積極的に使われてきたのではないでしょうか。
木工事の仕事は、安達造園にお任せください。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

火鉢

内部に大きなウロのできたケヤキを火鉢に。数百年と思われる樹齢の中でできたコブのような部分が、複雑で美しい模様を醸し出しています。熱に晒される内側や底になる部分には土を塗って処理します。

門扉など

門や塀などの木工事も、安達造園は得意としております。屋外での使用に適した栗材を使用するなど、施工箇所に応じた素材選び、施工の工夫が弊社のこだわりです。もちろん、美観や耐久にも配慮します。
項目を追加

施工をお考えの方へ

素材の開拓

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。
項目を追加
私たち安達造園は、日々、伝統素材を研究し、その新たな可能性を探求しています。
日本各地を巡り、様々な石・土・砂を探し出したり、自社施工の土塀に相応しい瓦を焼いたり、鍛治仕事まで。新たなものづくりへの挑戦を続けています。
素材に関するご相談も、ぜひご連絡ください。
既製品の流用や組み合わせでは実現し得ない高い満足感をお客様にお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けています。
どうぞお気軽に、安達造園までお問い合わせください。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

赤レンガの再利用

庭の改修工事で廃材として出た赤レンガを粉砕して再利用。コンクリガラと違い、砕石としての再利用に適さないため処分の仕方が違います。強すぎる粘土分の割れ防止や、色味としても使えそうです。

鉄の世界はとても奥深く興味深い世界です。鍛鉄や西洋鍛冶などと呼ばれ、門扉やフェンスなどもすでに造園の中に採り入れられています。日本伝統の漆や蜜蝋、柿渋での表面仕上げなども試しています。

布目瓦

古い瓦の製法で、桶の様な円形の型に平たくした粘土を巻き、筒状にしてから型を抜き、それを切って作る瓦です。型から粘土を剥離させるために巻かれた布の模様が付くことから、こう呼ばれています。
項目を追加

施工をお考えの方へ

石積みや土壁、造園など、豊かな空間を生み出す各種工事をご検討の際は、ぜひわたしたちにご相談ください。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。
項目を追加