温故知新

  • 石の仕事
  • 土の仕事
  • 木の仕事
  • 素材の開拓
  • 販売しております。
  • つながりブログ
  • 施工事例の紹介
  • 相談・お問い合わせ

木の仕事について

「木の仕事」のページへようこそ。

生きた木としての植物は人の住環境にはなくてはならないものです。
それだけでなく庭づくりの中でもさまざまな物の素材としての木材も重要な役割があります。

門や塀といった外構の部分や建築物、腐ることも燃えることも、もちろん欠点としてあります。
ですが、古くから石や土といった素材を組み合わせてそれを補ってきました。
欠点を補おうとして薬剤や工業製品に頼ればきりがありません。

人が住環境の中で木材に求めるものはそもそも無欠点であることではなく、その長所の部分ではないでしょうか。
捨てがたい多くの長所を備えているからこそ、永く人の暮らしとともにあるのです。

些細な事でも構いません、お気軽にご相談下さい。

木の仕事のご紹介

  • 火鉢
  • 門扉など
  • 高木伐採
  • 剪定・植栽の管理

火鉢

伐採したケヤキの大木が中に大きなウロができていたため一部を火鉢に加工しました。

数百年の樹齢と思われ、建物のそばにあったため常に枝をつめられてきたせいでコブのようになった部分があり、非常に複雑で美しい模様があります。

底になる部分や内側の熱にさらされる部分は土を塗ることにしました、木部の樹皮部分はきれいに磨き、木目の出ている切断面は透き漆で仕上げることとしました。

火鉢

内側に荒壁土を塗った段階です。
この先は土の仕事でご紹介いたします。

火鉢

細い竹で下地を組んでいるところです、狭い穴の中の作業は難しいところです。

施工事例の紹介はこちら

門扉など

門や塀などの木工事も私共の得意とする木の仕事です。

門扉など

屋外での使用に適した栗材をふんだんに使いました。
重さのあるものですので構造上も、また、耐久性の面からも地下部分にも工夫が必要です。
向かって右の塀はかなり前に施工したものです。

施工事例の紹介はこちら

高木伐採

空師(そらし)などといわれることもあります。

崖地に生えた木が大きくなって電線や家などにかぶさってきたものを枝降ろししたり伐採したりします。

クレーンや高所作業車といった機械が使用不可能な狭い谷戸の奥や、車道がなく階段しか通路がないなどの場合、人の手での作業することになります。

高木伐採

高木伐採

施工事例の紹介はこちら

剪定・植栽の管理

庭木の剪定

剪定・植栽の管理

剪定は樹種によって剪定方法がことなります。

施工事例の紹介はこちら

安達造園と繋がる(相談・お問い合わせ)

お問合わせフォーム

ページの先頭へ