温故知新

  • 石の仕事
  • 土の仕事
  • 木の仕事
  • 素材の開拓
  • 販売しております。
  • つながりブログ
  • 施工事例の紹介
  • 相談・お問い合わせ

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

土塀(塗る工法)

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

完成約1か月後です。土の色がだいぶ戻ってきました。

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

下地の竹を組みます。屋根の曲線や窓の配置等は完成状態を眺めて決めたいところですがこの段階から出来上がりを意識して下地を作っていかなければなりません。

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

下地に粘土を塗りつけていきます、数年がかりで仕込んできた土の出番です。冬季の作業だったので、湿った泥団子を投げつけるのはつらいところでもあります。

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

窓周りも形ができてきます。まだ鏝ではなく手の作業です。

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

屋根の作業に取り掛かります。無理なく曲がりをつけるのが工夫のいるところです、測るという作業一つとっても定規がすんなり当たりません。屋根は杉皮で葺いています。

版築とはまた別の塗って作る土塀です。木で骨格を作り竹の下地を組んで粘土を塗って作ります。土の下ごしらえも施工の方法も版築とは大きく異なります。

完成直後の様子。まだ寝かせていた粘土の色が黒々としていますが空気に触れることによって徐々に土らしい色に戻っていきます。

安達造園と繋がる(相談・お問い合わせ)

お問合わせフォーム

ページの先頭へ