カテゴリー

温故知新

  • 石の仕事
  • 土の仕事
  • 木の仕事
  • 素材の開拓
  • 販売しております。
  • つながりブログ
  • 施工事例の紹介
  • 相談・お問い合わせ

鍛鉄な日々

机の上に、何やら強そうな図案を見かけてからしばらくすると・・・・

 

それは仕事の合間を縫って、立体になっていきました。

 

 

「ゴー!!」        「カン! カン!」

 

 

音につられて覗きに行くと、暑い!

ただでさえ暑いのに、鉄を溶かしている!?

 

ゴーという音は火を煽る送風の音だった。

 

熱せられ、朱色に輝く鉄を取り出しては、一心に叩いていく。

大小さまざまな長さ、太さの鉄片たちが、ちょうどよい頃合いの色になるまで、炉の中で順番待ち。

固く黒いと決まっているはずの鉄が、赤白く光っているのは実に美しい。

 

仄かに白い鉄が選ばれると、息つく間もなく窪みだったり、尖った大砲玉のような先だったり、作ろうとしているものに合わせて、瞬時に凹凸が選ばれ叩かれていく。

 

原案も見て、実際叩いているのを目の当たりにしながらも、

 

今どのパーツを作っているのか、

 

作ろうとしているのか皆目見当がつかない。

 

 

 

 

話しかけて、問いたいことはたくさんあるが、スピード勝負なのはド素人の私にも迫力を持って伝わってくる。

 

 

 

全てのパーツが出揃い、どうやら本日の鍛鉄は終わりのよう。

 

 

ひと言もしゃべらず叩き終え、ふーっと一息ついた代表の顔を見ると、

まだ静まらない残り火が顔にうつるように火照っている。

 

それにしても大量の汗と・・・

その顔についている黒いのは煤ですか?

 

もう気が付いたら21時を回っている。

代表、本当にお疲れ様。

 

後日、一度銀色に磨き上げた鉄のパーツに、蜜蝋や茶葉を使用し、抑えめの黒に仕上げるそう。

堅木と組み合わせて物干し台になるんですって。

いいな。

 

美味しいビールを飲みながら、さっきまで飲み込んでいたあれやこれやを聞かせてもらおう。

 

 

written by buchi

 

安達造園と繋がる(相談・お問い合わせ)

お問合わせフォーム

ページの先頭へ